3DCG・ゲーム制作に関する情報サイト ~CGで世界を作りたい~

Photoshopを使って簡単にノーマルマップ(法線マップ)を作る方法

2020/06/28
 
photoshopを使ってノーマルマップを作る方法
この記事を書いている人 - WRITER -
昔から映画やゲームなどの美麗なCGを観るのが大好きで、それだったら自分でデザインしたキャラクターを動かせたら最高だと思い、自分でまずは何か作ってみようと決意。CGや絵の知識やスキルが皆無だったので、ゼロからBlender&Unreal Engine、そして絵を独学しながら、ゲーム開発に必要なスキルを磨いています。 当ブログでは、Blender&Unreal Engineの情報をメインに、僕と同じようにゲームを作りたい人の役に立ちそうな情報などを発信していきます。 夢は自分の作ったキャラクター&世界でゲームを作り、世界中のみんなに遊んでもらうこと。 現在はドイツ在住。ドイツ語がまあまあ得意。 日本語が怪しくなってきてる。最近帰ってないけど日本が大好き! 宇宙旅行に行く予定。笑  よくドイツのアニメ・コスプレイベントに現れる。 【趣味】カメラ 料理  【好き】CG ゲーム ペンギン 宇宙 歴史を感じれるもの 未来感あふれるもの 狼と香辛料 Bubblegum Crisis

こんにちは

 

先日、初めてノーマルマップ(法線マップ)というものを、Photoshop(フォトショップ)で作ってみました。

 

何か新しいことを覚えれるのは毎回すごい嬉しいので、忘れないうちに書いておきます。

 

今まではノーマルマップというと、2D(平面)のテクスチャを3D(立体的)に見せる技術という簡単な覚え方だったので、

 

もう少し理解を深めるために調べ直しました。

 

Photoshopでのノーマルマップの作り方と一緒に読んでもらえると嬉しいです。

 

 

初めてノーマルマップを3Dモデルに貼り付けたときはテンション上がりますよ!  おぉっ!!! 立体的になってる!!!

 

ってなります。笑

 

ゲーム開発を効率化する おすすめPC周辺機器5選

 




 

ノーマルマップ(法線マップ)はゲーム制作の味方

例えばノーマルマップはこういったところによく使われています。

 

  • ゲームに使われるキャラクターの服のシワ
  • クリーチャーの皮膚のシワ
  • 武器や装飾品の細部のデザイン
  • 車のタイヤの溝
  • ロボットなどのネジや装甲などの継ぎ目
  • 石やレンガでできた壁

 

など

 

ポリゴン数を節約して、立体的に、そしてよりリアルに見せたい場所に使われています。

 

これらをすべてポリゴンで作っていたら、凹凸は表現できますが、ポリゴン数がとんでもなく多くなってしまい、ゲームの容量が大きくなりすぎてしまいます。

 

しかし、テクスチャにノーマルマップを使えば、光と法線の計算をして、擬似的に凹凸を表現することが出来ます。

 

PC、スマートフォン、PlayStaition、Xboxなどのハードには、どうしても性能の限界があるので、

 

その範囲の中で、できるだけ一つ一つの3Dモデルのポリゴン数を減らし、ゲームデータを軽くして、なおかつ見た目のクオリティーも高くしないといけません。

 

そのために、このノーマルマップが必要になります。

 

下の画像を見てもらえばわかる通り、ノーマルマップがあるほうがより立体的になってリアルに見えます。

ノーマルマップの有無

 

法線とは?

ポリゴンには向きがあって、があります。そしてこの表向きの面から出ている線を法線(ほうせん)といいます。

 

これによってポリゴンの面が、表か裏のどっちをむいているかがわかります。

 

法線は、レンダリング時の計算などに使われるので、ポリゴンが裏向きだと正確な計算が出来ません。

法線の説明

 

 

 

Photoshopでのノーマルマップ(法線マップ)の作りかた

Photoshop CC 2015以降から、プラグインが無くてもノーマルマップを作れるようになりました。

 

 

まず、Photoshopでノーマルマップを作りたい画像を開きます。

Photoshopでノーマルマップを作る

 

次にメニューバーから、[フィルター] → 3D] → 法線マップを生成]の順番でクリックします。(僕のPhotoshopはドイツ語なんで日本語訳をつけてます。見づらかったらごめんなさい。)

Photoshopでノーマルマップを作る

 

 

すると法線マップの設定画面が表示されます。

Photoshopでノーマルマップを作る方法

ここの設定を調節することで、リアルタイムにノーマルマップを確認することができます。

 

 

左下の[オブジェクト]をクリックすると、[球]以外にも好きな表示方法でプレビューを見れるので、自分が一番見やすいものを選んでください。

Photoshopでノーマルマップを作る方法

 

 

次に、右側の設定ですが、

Photoshopでノーマルマップを作る方法

 

[ぼかし]を上げると、細かいディテールがだんだんと無くなっていきます。

 

[ディテールスケール]を上げると粗さが増します。

 

柔らかい表現にしたい場合は、[弱][中]の値を大きくし、[強]を小さくします。

 

硬めの表現にしたい場合は、逆に[弱][中]の値を小さくし、[強]を大きくします。

 

 

気に入った出来になったら、右下のOKをクリックしてPNGで保存します。

 

これで出来上がりです。

 

さっそくBlenderでノーマルマップを使ってみたい人は、下の記事も参考にして下さい。

Blender 2.8でオブジェクトにノーマルマップを適用する方法

 

今日もありがとうございました。

 

ゲーム開発を効率化する おすすめPC周辺機器5選

この記事を書いている人 - WRITER -
昔から映画やゲームなどの美麗なCGを観るのが大好きで、それだったら自分でデザインしたキャラクターを動かせたら最高だと思い、自分でまずは何か作ってみようと決意。CGや絵の知識やスキルが皆無だったので、ゼロからBlender&Unreal Engine、そして絵を独学しながら、ゲーム開発に必要なスキルを磨いています。 当ブログでは、Blender&Unreal Engineの情報をメインに、僕と同じようにゲームを作りたい人の役に立ちそうな情報などを発信していきます。 夢は自分の作ったキャラクター&世界でゲームを作り、世界中のみんなに遊んでもらうこと。 現在はドイツ在住。ドイツ語がまあまあ得意。 日本語が怪しくなってきてる。最近帰ってないけど日本が大好き! 宇宙旅行に行く予定。笑  よくドイツのアニメ・コスプレイベントに現れる。 【趣味】カメラ 料理  【好き】CG ゲーム ペンギン 宇宙 歴史を感じれるもの 未来感あふれるもの 狼と香辛料 Bubblegum Crisis

スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シンジのブログ , 2020 All Rights Reserved.